手打ちそば「悠庵」只今、修行中

アクセスカウンタ

zoom RSS 水匠カウンター

<<   作成日時 : 2007/12/16 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

店舗修行も三週目が終わりました。
蕎麦屋は一般的に厨房は客先から見えないようになっていますが、
ここ水匠はカウンターから厨房丸見えのオープンキッチンとなっています。

釜前の仕事、大釜(約70L)の扱いに視線を感じ結構緊張します。
釜前の仕事の見せ所は”振り笊”でしょうか?
ラーメンの‘天空落とし’のようなパフォーマンスがないものかなぁ〜・・・

厨房丸見えのカウンター なかなか雰囲気あるでしょ!!
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
悠庵さんの”振り笊”姿見たかったですが、私の座った位置からは無理?でした。ラーメン屋では釜がカウンターに対して奥にあるのでよく見えるのですが、、、でも、確かにそば屋は厨房が見えないですね。なぜなんでしょう。手打ちの店だと麺を打つ場所は見せたりしてますよね。
ウシェ
2007/12/18 20:14
ウシェ様
コメントありがとうございます。
プロ顔負けで蕎麦を手打ちする方は大勢いますね。
でも、どうしてもプロの一線を越えられないものに
蕎麦釜があります。
どんなに蕎麦打ちにのめり込んだ趣味人も、70Lもある
業務用蕎麦釜を導入する方はまずいないでしょう・・・
美味しい蕎麦を提供するためには、この蕎麦釜の容量も
非常に重要です。
そんな蕎麦釜だから、お客様に見てもらうのも面白いと
思いました。
蕎麦屋の他の仕事は結構地味かも・・・
悠庵
2007/12/19 01:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
水匠カウンター 手打ちそば「悠庵」只今、修行中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる